小児歯科・マタニティ

お子様に一生健康な歯をプレゼントしましょう

お子様に一生健康な歯をプレゼントしましょう

「歯医者が苦手」という大人の方は少なくありません。これは、子どもの頃に通院したときの記憶によって、「歯医者=怖い・嫌なもの」と植え付けられているからかもしれません。子どもの頃から歯医者を前向きに捉えることができれば、大人になってからも通院のクセを付けることができ、生涯にわたり歯の健康を維持することができるようになります。

大切なのは、子どもの頃から苦手意識を持たず、歯医者と上手く付き合っていくことです。たまプラーザ・美しが丘の歯医者「マーム・デンタル・クリニック」では、小児歯科診療を行っています。無理に治療を進めることはせず、お子様のペースに合わせて進めていき、歯科医院にポジティブなイメージを持ってもらえるよう努めています。お子様のお口の中が気になるという親御様はどうぞ当院までご相談ください。

当院の小児歯科治療について

当院では、いきなり治療を始めることはせず、まずは診療台に乗ってもらったり治療器具を見せたりして、慣れてもらうことから始めます。診療室には親御様の同席ももちろん可能です。安心して当院にご来院ください。

また、歯質を強くし虫歯から歯を守る作用があるフッ素塗布を、無料にて行っています。お子様の虫歯予防に有効な処置ですので、ぜひご利用ください。

小児歯科メニュー

小児歯科は、虫歯を防ぎ健康な口腔内環境を保つための処置がメインとなります。当院では、お子様の口腔内の状態に合わせたメニューをご提案しています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様の月齢や歯の形・歯並びなどに合わせて、正しいブラッシング方法をお教えします。また、親御様には仕上げ磨きの仕方を指導します。

シーラント

シーラント

乳歯や生えたばかりの永久歯は奥歯の溝が深く、そこに食べカスがたまって虫歯になりやすい傾向にあります。その奥歯の溝をプラスチックで埋める処置がシーラントです。シーラントで奥歯の溝をあらかじめ埋めることで、虫歯を予防します。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化する働きを持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。フッ素には、いったん溶け出したカルシウム分を再び歯に取り込む「再石灰化」を促す働きがあり、虫歯が予防できます。定期的に受けて、虫歯になりにくい歯を保ちましょう。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、正常な歯の本数よりも多く生えてきてしまった歯のことです。過剰歯は歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼすリスクがあるため、多くの場合、抜歯する必要があります。

MOM deli~食事から健康を提供します~

MOM deli~食事から健康を提供します~

食育とは、食事や食べ物に関する知識を身に付け、健全な食生活が送れるようにするためのものです。お子様が正しい食習慣を身に付けられるよう、食事の採り方や食べ物の選び方などを指導します。

当院では、管理栄養士である今井準氏と提携し、健康的な食事を提案しています。お子様の発育過程や栄養状態に応じて、総菜やプロテインスムージーなど最適な食品を提供し、食事面からも健やかな発育を促すお手伝いをします。

妊娠中の歯医者との付き合い方

妊娠中の歯医者との付き合い方

妊娠中であっても、妊娠5ヶ月を過ぎた安定期に入れば歯科治療を受けることができます。妊娠により女性ホルモンの分泌量が増えることで口腔内環境は悪化しやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、虫歯菌の母子感染を防ぐためにも、妊娠中からお母さんの口腔内の虫歯菌を減らし健やかな口腔内環境を保っておくことが重要です。

当院では、妊娠中の女性を対象とした、虫歯や歯周病を予防する処置やブラッシング指導などを行っています。まずは、無料検診にどうぞご来院ください。

妊娠時の通う時期

妊娠中の治療は妊娠5~7ヶ月(16~27週)の安定期の時期がベストです。通常の歯科治療やレントゲン撮影なども可能になります。ただ安定期以外であっても、痛みなどがある場合には応急処置などを受けることはできますので、お困りのことがあればまずはご相談ください。

まずは無料検診を受けましょう

当院では、横浜市の取り組みにより、妊婦の方の無料歯科検診を行っています。横浜市に住民登録のある妊婦の方は、妊娠中に1回無料で歯科検診が受けられます。当院は検診が受けられる指定医療機関です。母子健康手帳配布時に一緒にお渡ししている、妊婦歯科健診受診券をご持参ください。